小田原市・神奈川県西エリアで「住みながら売却できる」…「ハウス・リースバック」ならハウスドゥ鴨宮店!

シェアする
売却後もそのまま住み続けられる、ハウス・リースバック

「家の売却」に、いま注目の選択肢。老後資金、相続対策にも。

一戸建て住宅を「売却」して現金化。そして売却後も、賃貸としてその家に住み続けられる。
いま注目の『ハウス・リースバック』は、不動産大手「ハウスドゥ」が提供する話題のサービスだ。

小田原市の巡礼街道にある「ハウスドゥ鴨宮店」の宗像店長と、同店を運営する不動産会社㈱MINAMI(ミナミ)の杉山公誉社長が、不動産のプロとして、また親の相続も気になる世代からの視点で、「ハウス・リースバック」について説明してくれました。

宗像店長(左)と杉山社長。「不動産のことが何でも聞けるパートナーを目指しています」

家を「所有」から「使用」へ

「ハウス・リースバック」こんな方にオススメ

  • 老後に備えたい 
  • 相続対策・資産整理
  • 急な資金が必要
  • ローン返済

ご相談はお気軽に

―ハウス・リースバックの仕組みを教えてください。

宗像「所有している家を、一度ハウスドゥに売却します。元の所有者の方には現金が入ります。その後、ハウスドゥと賃貸契約をして、毎月家賃を払いながらそのまま住み続けることができます。手放した家を将来再購入することでもできます」

―どんな人が利用していますか。

杉山「高齢の方は『老後の生活費』を確保したい、とはいえ住む場所もないと困るという、両方の解決策として利用されています」

宗像「もう一つは『相続対策』です。もしもの時に問題になりやすいのが『相続財産を分割できない』というケースです。例えば『戸建住宅が相続財産の大部分』だと分割は難しい。また、相続が発生してから慌てて家を売却しようとすると、時間に追われ安く売らざるを得ないこともあります。あらかじめ家を現金化しておくハウス・リースバックは相続対策としても有効です」

杉山「最近は、現役世代でも『コロナで収入が激減しローンの支払いに困っている」といったケースでの利用も増えています」

無料の「不動産よろず相談」受付中

㈱MINAMIとハウスドゥ鴨宮店では、無料の「不動産よろず相談」を実施中。杉山社長は「お客様それぞれに最適なご提案を心がけています。『情報収集』のつもりでお気軽にご相談ください」と話しています。

巡礼街道沿いのファミリーマートさんの裏です

▼あわせて読みたい『不動産よろず相談』記事

住所

神奈川県小田原市鴨宮343 A棟203号

巡礼街道沿い ファミリーマートさん裏です

問い合わせ

ハウスドゥ!鴨宮店/㈱MINAMI

【宅地建物取引業免許番号】
 神奈川県知事(1)第30703号
【所属団体】
 (公社)神奈川県宅地建物取引業協会会員
 (公社)全国宅地建物取引業保証協会会員
 (公社)首都圏不動産公正取引協議会加盟

電話

0465-43-9873

0465-43-9873

定休日:水・木曜
営業:午前10時~午後6時

メールアドレス

info@minami343.com

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-12-28

関連タグ