【5月14日】マイナビ女子オープン女流将棋戦 第3局の舞台は藤沢・遊行寺!大盤解説あり、ふじさわ観光親善大使でアマ三段のつるの剛士さんも登場の親子で楽しめるイベントへ行こう!

シェアする

PR・イベントは終了しました。

 女流タイトル戦「第15期マイナビ女子オープン第3局」が今年も藤沢にやってくる。5月14日(土)、会場は歴史ゆかり深い時宗総本山・遊行寺。

 昨年はコロナ禍でオンライン配信だったが、今年は大盤解説や指導対局、キッチンカーブース、ミニSLなど盛り沢山のイベントにパワーアップ!

マイナビ女子オープン対局って?

 『週刊将棋』の企画で1987年に始まった「レディースオープン・トーナメント」を基に(株)マイナビと日本将棋連盟が主催し07年に創設した女流棋士最高峰の棋戦。「女王」の称号と優勝賞金500万をかけ、静かで熱い戦いが繰り広げられる。

今回の対局、みどころは?

西山朋佳女王(左)里見香奈女流四冠(右)

 今回の対局は、四連覇中で「永世女王」の称号もかかる西山朋佳女王に、女流タイトル通算47期という実績を誇る里見香奈女流四冠が挑む。女流二強の5番勝負、1戦目は里見女流四冠、2戦目は西山女王の勝利という熱い展開の中迎える3戦目だ。

 持ち時間は3時間。対局時間は午前10時から午後5時までを予定。

人気の大盤解説、今回の解説と聞き役は?

 熱い戦いの対局の模様や大盤解説会が、同寺と隣接する藤嶺学園の体育館で行われる。午後1時から。観覧無料。椅子席約250席。

 解説は木村一基九段と戸辺誠七段が登場。聞き手は、タレントでアマ三段のつるのさんと、将棋親善大使の伊藤かりんさんが聞き役を務める。

 対局終了後は、両対局者を交えての感想戦も行われる予定。

詳しくは藤沢観光HPへ。

藤沢を将棋でPR!

ふじさわ観光親善大使のつるの剛士さんは将棋親善大使

 市内での対局は、昨年、つるのさんのふじさわ観光親善大使の就任10年を記念し初開催された。

 つるのさんは25歳で将棋の面白さに目覚め、現在アマ三段の腕前。将棋親善大使にも就任しており、「江の島将棋頂上決戦」の開催や、昨年にはつるのさんデザインの「えのしましょうぎ」が登場した。同日につるのさんの観光親善大使の委嘱式も行われる(生配信予定)。

指導対局やサイン会など盛り沢山!ミニSLなど親子でも楽しめる

 当日は遊行寺境内で関連イベントが盛り沢山!

 キッチンカーや片瀬こまの体験会、ミニSLも走行。情操教育でも注目される将棋の観戦も含め、親子で楽しめるイベントとなっている。ぜひ足を運んでみては。

会場リンク

開催日

2022年5月14日(土)

住所

神奈川県藤沢市西富1丁目8−1 清浄光寺 (遊行寺)

藤嶺学園藤沢中学校・高等学校
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富1丁目7−1

問い合わせ

藤沢市観光センター

電話

0466-22-4141

0466-22-4141

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-04-29

関連タグ