在宅医療介護連携支援センター

在宅医療介護連携支援センター

 平塚市在宅医療・介護連携支援センター(遠藤年彦センター長)は、2017101日に平塚栗原ホーム(立野町)に設置されました。設置の背景には、団塊世代が75歳を迎えるいわゆる「2025年問題」があります。病床数が限られ病院で最期を迎えられない時代が迫るなか、住み慣れた地域で生き生きと長く暮らせるよう、25年をめどに医療や介護、生活支援を一体的に提供する「地域包括ケアシステム」の構築を目指しています。

 昨年10月には、平塚市・医師会・歯科医師会・薬剤師会と5者協定を締結し、地域包括ケアの推進にむけて連携していくことを確認しました。同センターでは定期的に医療・介護関係者が一堂に介する勉強会を開催しているほか、一般の市民も参加できるセミナーを開くなど積極的な取り組みを進めています。

これまでのニュース

2017/11/16
地域包括ケア担い手が議論

在宅医療介護連携支援センター

医療・介護関係者らを対象にした勉強会「平塚市在宅医療人材育成セミナー」が11日、市保健センターで開かれ、およそ70人が参加した。続きを読む

 

2017/10/05
切れ目ない支援へ5者協定

在宅医療介護連携支援センター

地域包括ケアシステムの構築にむけ医療・介護関係者のパイプ役として両者の連携を推進する「市在宅医療・介護連携支援センター」が1日、立野町の平塚栗原ホームに設置された。続きを読む

 

 

平塚市社会福祉協議会活動報告サイトはこちら

開催日

平日:9時~17時
(祝日及び12月29日~翌年1月3日は、お休み)

住所

神奈川県平塚市立野町31-20

(栗原ホーム内)

電話

0463-75-9444

0463-75-9444

備考

※医療・介護関係者の相談窓口となりますので、
 一般の方からのお問い合わせには原則お応えできません。
 (市民むけの講演会などのお問い合わせはお受けできます)

    人気記事

    注目