横浜市内の保育施設で働きませんか?メリット多数の「就労促進キャンペーン」3月31日まで

横浜市内の保育施設で働きませんか?メリット多数の「就労促進キャンペーン」3月31日まで

よこはま保育士★就労促進キャンペーン

「子育てがひと段落し、仕事復帰を考えている」「保育の仕事をしてみたい」。そんな方々を支援するため、横浜市は12月1日(土)から3月31日(日)まで「保育士就労促進キャンペーン」を実施しています。

横浜市で働く保育士にはメリットがたくさん!

「保育の質」を何よりも大切にしている横浜市では、保育士の配置基準、処遇改善、家賃助成、人材育成等を積極的に進めています。

手厚い保育士配置基準

横浜市内の保育施設で働きませんか?メリット多数の「就労促進キャンペーン」3月31日まで

横浜市では保育士配置基準を国よりも手厚くしており、一人ひとりの子どもにしっかり丁寧に関わることができます。子どもの成長はもちろん、保育士自身の働き方も大切にしています。

独自の保育士処遇改善 家賃助成も

保育士の給料は、国や自治体等の取組により近年改善が図られていますが、横浜市ではさらに処遇改善のための独自助成を実施。平成30年度から経験年数7年目以上の全ての保育士等に、国の制度と併せて月額4万円を上乗せしています。

さらに、採用から10年目までの保育士向けには、運営法人が契約したアパートやマンションの家賃等(月額82,000円上限)を助成しています。

横浜市内の保育施設で働きませんか?メリット多数の「就労促進キャンペーン」3月31日まで

保育士としてのスキルアップ、充実した働き方を実現

横浜市は保育士の人材育成に特に力を入れています。それは、保育士が専門職として常に成長できることが保育の質を支える上でとても大切だと考えているからです。

保育士の子どもの優先的取扱い

市内保育所等の利用調整において、市内在住で、市内の保育所等で働く保育士のお子さんを対象にした優先的取扱いを実施しています。

保育士としてのスキルアップが図られ、プライベートも含めたワークライフバランスが充実できる働き方を横浜で実現してみませんか?

かながわ保育士・保育所支援センターに相談を

横浜の保育に興味のある方は、かながわ保育士・保育所支援センター(かながわ県民センター13階/横浜駅きた西口徒歩5分)にご相談を。電話:045-320-0505

就職相談会&支援講座(全3回)

保育士と市内保育施設のマッチングを図るため、50法人以上の保育事業者が大集合!就職相談会(面接会)&就職支援講座が12月15日、2019年1月26日、3月9日、横浜市技能文化会館で開催されます。

13時~16時で入退場自由。無料、服装自由、相談だけでもOK。現場を離れた方向けに、最近の保育状況を学べる講座もあります。

開催日

2018年12月1日(土)~2019年3月31日(日)

◆就職相談会(面接会)&就職支援講座開催日
12月15日、2019年1月26日、3月9日の土曜日
13時~16時(入退場自由)

住所

神奈川県横浜市中区万代町2丁目4番地7 横浜市技能文化会館

※就職相談会(面接会)&就職支援講座の会場(JR関内駅南口徒歩5分)

問い合わせ

横浜市こども青少年局保育対策課

電話

045-671-4469

045-671-4469

関連記事

人気記事

注目