かまぼこに塩辛、小田原おでん。世代を超えて愛される「丸う田代總本店」華やぎの味わい

かまぼこに塩辛、小田原おでん。世代を超えて愛される「丸う田代總本店」華やぎの味わい

小田原かまぼこ通りの一角に佇む、城下町の風情ある店構えが印象的な「丸う田代總本店」。明治初年に蒲鉾の製造をはじめて150年、伝統の職人の技と心が生み出す丸う田代のかまぼこは、地元・小田原っ子に根強い人気を誇る味わいです。

新春の食卓を彩るかまぼこ・君まき・だて巻が一箱に

かまぼこに塩辛、小田原おでん。世代を超えて愛される「丸う田代總本店」華やぎの味わい

一番人気の「味垣 花」

良質なすり身ならではの旨みを堪能できる、丸う田代の小田原蒲鉾「上小板」紅白と、二代目永之助が考案した「君まき」、三代目政吉が考案した「だて巻」が一箱に。

・味垣 花  (小田原蒲鉾「上小板」紅白・君まき・だて巻) 3,750円(税別)

これを買えば間違いない。旬を詰めた、お得な揚げかまぼこのセット

かまぼこに塩辛、小田原おでん。世代を超えて愛される「丸う田代總本店」華やぎの味わい

魚の旨みと油の香ばしさが後を引く、揚げかまぼこの数々。どれを買おうか迷ったら、「旬彩揚」を選べば間違いがない。丸う田代自慢の揚げかまぼこがぎっしり詰まって、お値段もリーズナブル。秋冬にかけては煮込んだ舞茸を混ぜ込んだ「舞茸ボール」も入って全部で6種類を味わえます。ちょっとした手土産にもよろこばれることでしょう。

・旬彩揚 1,000円(税別)

遠藤憲一さんも絶賛!小田原ちょうちん型の「いかの塩辛」は、我が家の常備品に

かまぼこに塩辛、小田原おでん。世代を超えて愛される「丸う田代總本店」華やぎの味わい

遠藤憲一さんが小田原に来ると必ず買うという塩辛(生造り)

地元のお客さんから「ちょうちんの黒」「赤」などと呼ばれ、親しまれている丸う田代のいか塩辛。江戸時代、箱根越えに欠かせなかった小田原ちょうちんは童謡「お猿のかごや」にも登場します。

そんな可愛らしい器に入った塩辛は、日本テレビ系番組「誰だって波爛爆笑」にゲスト出演されたエンケンさんこと遠藤憲一さんも絶賛。黒が生造り、赤が麹造り。我が家の常備品にしたい逸品です。

・塩辛(生造り・麹造り) 各1,000円(税別)

心も体もほっかほか。小田原を代表するグルメ「小田原おでん」

かまぼこに塩辛、小田原おでん。世代を超えて愛される「丸う田代總本店」華やぎの味わい

小田原ならではの上質の原料を使用して作り上げた、味わい深いおでん種セット。 五代目、社長の田代勇生さんが考案し、小田原を代表するグルメにもなりました。

そのまま食べても美味しい具材をそろえているので、サッと煮るだけでOK。

・おでんセット 1,850円(税別)

毎月10日・20日・30日は丸うの日

なんと、丸う田代總本店でお買い物をした人全員に、丸う製品がもれなくプレゼントされます!1月~11月の0がつく日をお見逃しなく。

小田原お正月特集ページに戻る

住所

神奈川県小田原市浜町3-6-13

駐車場有り

問い合わせ

丸う田代總本店

電話

0120-22-9221

0120-22-9221

営業時間:8:30~19:00
無休
・かまぼこ伝統館 入場無料

※商品はホームページからもお取り寄せいただけます

ホームページ

http://www.maruu.com/

関連記事

人気記事

注目