「ミルピグパフェ部」横浜・関内にオープン!旬の果物と絶品クリームで大人のパフェ店

「ミルピグパフェ部」横浜・関内にオープン!旬の果物と絶品クリームで大人のパフェ店

「マスクメロンのパフェ」と「トマトのパフェ」

横浜ではまだ珍しいパフェ専門店「ミルピグパフェ部」が2019年9月2日、馬車道沿い(関内ホールの向かい側)にオープン!さっそく取材してきました。

「ミルピグパフェ部」横浜・関内にオープン!旬の果物と絶品クリームで大人のパフェ店

(8月末撮影)オープン前にも関わらずこの看板に魅せられ来店される方が何組も…

実はこちらのお店、2019年4月にオープンしたバー「チーズと生ハムの専門店 ミルピグ馬車道店」として夜に営業されていましたが、このたび新業態のスイーツ店として昼営業の「ミルピグパフェ部」をスタート。ちなみにミルピグの1号店は野毛の、チーズとハムとワインを楽しむお店「都橋ミルピグ」です。

飲み会後の“締めパフェ”を楽しめる夜営業も予定

北海道・札幌で飲み会や食事の後に「締めのラーメン」ならぬ「締めパフェ」を提供するお店が沢山あるのはご存じでしょうか?「横浜にもそんなお店ができたら…」実は甘いもの好きでお酒が得意ではないオーナーが、そんな思いで始めた「ミルピグパフェ部」。9月中には夜の営業でもパフェの提供をしていきたいと話していました。

「ミルピグパフェ部」横浜・関内にオープン!旬の果物と絶品クリームで大人のパフェ店

写真中央の「馬車道会館ビル」の階段を2階へ

夜はバー営業をしていることや店内に入る階段が広くないことなどから、昼営業のパフェ部を含めて12歳以下の子どもは入店できません。L字のハイカウンターや高さのあるテーブル・椅子が設置され、席数は20席弱です。

「ミルピグパフェ部」横浜・関内にオープン!旬の果物と絶品クリームで大人のパフェ店

大きな窓から馬車道を眺められる店内

旬の果物と絶品クリームで大人のパフェ

こだわりのパフェは、その時期に最も美味しいフルーツを全国から取り寄せ、北海道産のクリームから配合にこだって作った自家製の生クリームやアイスが上品な甘さでフルーツをひきたます。

「ミルピグパフェ部」横浜・関内にオープン!旬の果物と絶品クリームで大人のパフェ店

オーナーイチ推し「トマトのパフェ」はフルーツトマトの旨味も感じられる逸品

定番は「マスクメロンのパフェ」「トマトのパフェ」、見た目が真っ黒な「紳士のパフェ~ジェントルマンズパフェ~」の3品。さらに、季節のフルーツを使った期間限定メニューもいくつかラインナップされます。価格は概ね1300円~1800円ほどですが、その時の仕入れ等によって異なるため、詳細はお店にご確認ください。

「ミルピグパフェ部」横浜・関内にオープン!旬の果物と絶品クリームで大人のパフェ店

キャラメリゼしたバナナが美味しい「紳士のパフェ」 竹炭を使ったブラッククリーム仕立て

基本構成は、下層からカットフルーツとゼリーやジャム、マスカルポーネクリーム、フルーツのシャーベットやアイス、一番上に生クリームとメインフルーツが美しく盛られています。コーンフレークなどでかさ増しされることもなく、柄の長いスプーンで食べ進める毎に違った美味しさに出合えます。また、どのパフェにも土台として、ミニゼリーとチーズ、飾り切りのオレンジが添えられたプレートがついていて、最後の一口まで飽きずにいただけます。

「ミルピグパフェ部」横浜・関内にオープン!旬の果物と絶品クリームで大人のパフェ店

「シャインマスカットのパフェ」

季節のパフェとして提供されていた「シャインマスカットのパフェ」は、お酒入りのジュレを使用した大人の味。お酒が苦手な方や運転される方は、ノンアルコールのフルーツジュレに変更してくれます。

11時30分からの「サンドイッチタイム」は、BLTなどのサンドイッチとミニパフェ、ドリンク(コーヒーor紅茶)がついたランチを1,000円で提供しています。15食の数量限定のため、13時30分からのパフェタイムも含めて予約優先。本格的な秋に向けては、イチジクや栗など季節のフルーツパフェを試作中とのこと。予約は電話またはホームページで受け付けています。

開催日

<営業時間>
サンドイッチタイム:11時30分~13時30分(L.O.13時)
パフェタイム:13時30分~17時(L.O.16時30分)
月曜定休(祝日の場合は翌平日休)

住所

神奈川県横浜市横浜市中区住吉町5-57 馬車道会館2階

問い合わせ

ミルピグパフェ部

電話

045-306-6111

045-306-6111

関連記事

人気記事

注目