第15回小田原おでん種コンテストで「小田原玉ねぎの油揚げ巻」が最優秀賞に!

第15回小田原おでん種コンテストで「小田原玉ねぎの油揚げ巻」が最優秀賞に!

最優秀賞に輝いた武田さんと、おでん種の「小田原玉ねぎの油揚げ巻」

第15回小田原おでん種コンテストの最終審査が4月5日に行われ、約50件の中から大井町の武田静流さん(24)の「小田原玉ねぎの油揚げ巻」が最優秀賞に選ばれた。

最終選考に残ったのは6品。本来であれば小田原おでんサミット2020の会場で行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大に伴うイベント自粛により、関係者のみで実施された。

武田さんは地元野菜の下中玉ねぎを使い、シンプルに甘みを引き出すレシピを考案。老舗のかまぼこ店、丸う田代で商品企画を担っていることから、「受賞を仕事にも生かし、小田原の野菜や練り物、おでんを盛り上げていけたら」と話している。

第15回小田原おでん種コンテストで「小田原玉ねぎの油揚げ巻」が最優秀賞に!

優秀賞の「ほうれん草巻」(左)と「トマトの巣ごもり」

なお、優秀賞には杉山正美さん(小田原市本町)の「ほうれん草巻」と、若月順子さん(横須賀市)の「トマトの巣ごもり」が選ばれた。

住所

神奈川県小田原市

関連記事

注目