「即時」アプリで飲食店応援 !多摩市内で2021年2月上旬からサービス開始

シェアする
サービスを紹介するポスター

鶴牧在住の中学生、堀内文翔さんが開発

 堀内さん(人物風土記で紹介)が飲食店用の集客アプリを開発。2月上旬から多摩市内の飲食店(4店舗)でサービスを開始した。

 「店の混む時間に波がある」など、来店客をコントロールできない飲食店の悩み解決に向けたサービスで、「きょうは雨が降り集客が見込めないからワンドリンクサービスを」「材料が余ったから今の時間から定食50%OFF」などの営業メールをこのサービスの登録者に流せるものという。

「即時」の強み

 堀内さんは「コロナ禍で苦しむ多摩市内飲食店の一助になれば。他のサービスに比べ、すぐ情報を発信できる点に強みがあります」と話している。堀内さんに協力する、小田急・唐木田近くの飲食店「絆」の小泉良司さんは「まだまだサービスを知る人は少ないが、より多くの方に利用してもらえるようになれば」と笑顔を見せ、堀内さんに力を貸していきたいと話す。

小泉さんと打ち合わせを行う堀内さん(左)

「リアルタイムクーポンアプリ」利用料は無料

 この「リアルタイムクーポンアプリ」と名づけられたサービスは、飲食店側、利用者共に無料。現在、こちら(https://previewer.adalo.com/8a8de212-af9c-4aa2-bee6-37a01d8df2f0)などから利用者は登録が可能で、飲食店でこのサービスを利用したい場合は、堀内さん【メール】s190111ah@stu.daltontokyo.ed.jpまで問い合わせを。堀内さんは「集客を少しでもコントロールすることができれば食品ロスの改善にもつながる。今後も飲食店さんに紹介していきます」と意気込んでいる。

住所

東京都多摩市多摩市内の飲食店(4店舗)

問い合わせ

堀内さん

メールアドレス

s190111ah@stu.daltontokyo.ed.jp

公開日:2021-03-06

関連タグ