2021年SDGs小論文コンテスト【作品募集中】基本理念「誰ひとり取り残さない」を考える<6月30日締切>

シェアする

このイベントは終了しました。

画像はイメージです

25歳以下の若者を対象としたSDGs小論文コンテストの募集がはじまった。

この小論文コンテストは2回目。SDGsの基本理念「誰ひとり取り残さない」を考える機会になればと昨年初開催。今回は、「誰ひとり取り残さない」の視点で、考えること、自分が行いたいこと、社会への提言など自由な発想で小論文(日本語1千〜2千文字)を募集する。対象は2021年4月1日時点で25歳以下の人。

主催は市民団体の「野毛坂グローカル」(奥井利幸代表)。朝日新聞社、SDGsジャパン、独立行政法人国際協力機構が後援する。

応募は野毛坂グローカルのウェブサイトから行う。締め切りは6月30日。 昨年実施した1回目は急遽実施した形となったが、新聞などのメディアで報じられたこともあり、広く知られた。今回は大学生を中心とした24人からなる実行委員会を組織。大学教授や企業、NPO、報道関係者などからなる12人が審査を行う。

小論文の募集要項など詳細はウェブサイト(https://nogezaka-glocal.com/dh2/)へ。

開催日

2021年6月30日(水)
上記は締め切り
※対象は2021年4月1日時点で25歳以下の人

住所

神奈川県横浜市西区西戸部町1-98  野毛坂グローカル

問い合わせ

野毛坂グローカル

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-05-03

関連タグ