<川崎市>バスのペーパークラフト素材を無料提供「まちと交通」テーマの写真公募も

シェアする
あじさい号(左)や市バスなどのペーパークラフト製作例

 川崎市内に営業所がある事業者のバスをモデルにしたペーパークラフトの素材を、川崎市は特設サイトで4月28日から無料提供。感染対策として外出を控える子どもたち向けの企画で、同時に「まちと交通」をテーマに作品の写真を募集している。

「あじさい号」「山ゆり号」など6種類のバス

 協力する事業者は、長尾台地区の「あじさい号」や麻生区の「山ゆり号」などコミュニティバスを運営する高橋商事をはじめ、小田急バス、東急バス、川崎鶴見臨港バス、川崎市交通局。川崎市まちづくり局のサイトから用紙(PDFファイル)を入手し、カラー印刷してペーパークラフト部分を切り抜き、組み立てる仕組みだ。バスは6種類あり、用紙にはそれぞれのバスの歴史や概要など解説が添えられている。

「まちと交通」写真募集中

 募集内容は「バスで行きたい・行ってみたい川崎市内の場所」を描いた絵を背景に、クラフトバスと撮影した写真。提出方法はメールで件名を「作品募集」とし、【1】ニックネーム【2】居住区(例・多摩区)【3】描いた背景の場所――を明記し、写真データを添付して川崎市交通政策室に送信(50kousei@city.kawasaki.jp)。複数作品応募もでき、6月30日締切。

 川崎市は応募の多かった場所をペーパークラフト化し、応募作品と一緒にサイトで公開する予定。詳細はサイト(川崎市まちづくり局交通政策室)。

開催日

2021年6月30日(水)
写真募集締め切り

住所

神奈川県川崎市

問い合わせ

川崎市まちづくり局交通政策室

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-05-20

関連タグ