中学校元教諭と教え子「石井行・高田大・平賀太朗3人展」開催@大磯町ギャラリーぶたのしっぽ

シェアする

このイベントは終了しました。

 大磯町のギャラリーぶたのしっぽで「石井行・高田大・平賀太朗3人展」が、9月4日(土)から11日(土)まで開かれる。

 画家の平賀さんは渋谷Bunkamuraギャラリー「平賀敬・太朗 二代展」、東京都美術館「人人展」などに出展。

平賀太朗さんの作品

 中井町に住む彫刻家の高田さんは、同町の厳島湿生公園にある石の彫刻「水の妖精」を制作した。二人は大磯中学校の卒業生で、芸術家として全国的に活躍中だ。

高田大さんの作品

 石井行さんは元美術教諭で、平賀さんと高田さんが在学中に同校で教えていた。読売新聞歌壇・俳壇欄の装画を担当、1994年・95年神奈川県版絵入り年賀はがきの原画を制作した。

 観覧無料。午前11時から午後5時(最終日は4時)まで。8日(水)休廊。場所は国道1号線沿い鴫立庵となり。問い合わせは同ギャラリー【電話】0463・61・0516。

開催日

2021年9月4日(土)~2021年9月11日(土)
11:00~17:00 
8日(水)休廊
最終日 16:00まで

住所

神奈川県中郡大磯町大磯1219 ギャラリーぶたのしっぽ

費用

観覧無料

問い合わせ

ギャラリーぶたのしっぽ

電話

0463-61-0516

0463-61-0516

公開日:2021-09-08

関連タグ