【横浜市都筑区】「美術の眼、考古の眼」 歴博で企画展

シェアする

PR・イベントは終了しました。

 横浜市歴史博物館で1月22日(土)から、企画展「美術の眼、考古の眼」が始まる。3月6日(日)まで。企画展のみの観覧料は一般800円。

 同展では、横浜出土の考古資料を通してみる現代美術という「考古の眼」と現代美術を通してみる考古資料という「美術の眼」の2つをキーワードに分野にとらわれず展示を見ることの自由を探る。間島秀徳さん、松山賢さん、薬王寺太一さんの作品とともに横浜出土の縄文土器約30点の総数約90点が展示される。月曜日休館。(問)045・912・7777

開催日

2022年1月22日(土)~2022年3月6日(日)
月曜日休館

住所

神奈川県横浜市都筑区中川中央1-18-1

費用

企画展のみの観覧料は一般800円

問い合わせ

横浜市歴史博物館

電話

045-912-7777

045-912-7777

公開日:2022-01-19

関連タグ