福島の支援に協力を~「3・11」の売上を全額寄付<川崎市・WEショップ・たかつ>

シェアする

PR・イベントは終了しました。

店頭のポスターを示す水谷代表

 東日本大震災からまもなく11年。福島県の子どもたちを支援しようと、リサイクルショップの「WEショップ・たかつ」では、2022年も3月11日(金)の売り上げの全額寄付を実施する。

「福島ぽかぽかプロジェクト」に協力

 地域でのリユース・リサイクル事業を通じてアジアの女性支援などを行う認定NPO法人WE21ジャパン・たかつ(水谷晶子代表)が運営する同店。定期的にアフリカやフィリピンなどへの募金や寄付を行う一方、東日本大震災直後から毎年、店頭募金や売り上げ寄付を通じて被災地の支援も続けてきた。3年ほど前から寄付先を認定NPO法人「FoE JAPAN」にし、同法人の「福島ぽかぽかプロジェクト」に協力している。

福島を忘れない

 これは福島県の子どもたちが野外でのびのび遊べる場として、また親同士が被ばくについて語り合う場として継続して行われている保養プログラム。1万円で1人が2泊3日参加できるといい、2021年も3月11日の売り上げ全額の3万4460円を寄付している。「震災以降、いつまでも福島を忘れないという気持ちでさまざまな活動を続けてきた。皆さんにも買い物で子どもたちの支援に協力してもらえたら」と、水谷代表は思いを話す。

 同店では市民から寄付された衣類や陶器、雑貨や小物などさまざまな品を販売している。営業時間は午前11時から午後5時30分まで。問い合わせは【電話】044・829・5238へ。

開催日

2022年3月11日(金)
午前11時~午後5時30分

住所

神奈川県川崎市高津区溝口3-15-8 WEショップ・たかつ

問い合わせ

WEショップ・たかつ

電話

044-829-5238

044-829-5238

公開日:2022-03-09

関連タグ