《伊勢原市の白根神明社》 例祭に100人超が参加  新たな手水舎もお目見え

シェアする
手水舎で行われたお払いの様子

白根神明社 永井武義宮司(伊勢原市白根427)で4月2日、例祭が行われました。

白根地区の五穀豊穣や無病息災を祈念する例祭。永井宮司が白根地区の新入学児童の交通安全や学業成就、新型コロナウイルス感染症の終息などを祈念し、祝詞を奏上しました。白根神明社責任役員の石川節治さん(80)は「コロナ禍のため、昨年に続き新1年生は拝殿に上がらなかったが、みな良い思い出になったのではないか」と話しました。

この日は、白根神明社の境内に令和の御代替わり(御大典記念)の手水舎が新たに建てられたことから、例祭の前に竣工を祝して手水舎のお清めが行われました。建て直しには、氏子の一人が「日頃の地域へのご恩返しに」と白根神明社へ寄進した寄付金が活用されました。

竣工式には白根神明社関係者や新入学児童31人をはじめ、地元住民など100人を超える人々が参列しました。子どもたちは皆、新しい手水舎に興味津々の様子で、笑顔で手を清めていました。また地元の白根太鼓連が、小気味の良いお囃子で祭りの盛り上げに一役買っていました。

住所

神奈川県伊勢原市白根427 白根神明社

公開日:2022-04-14

関連タグ