ハマっ子に愛されて67年 あの「横濱一品香」の新たな形の1号店が横浜・青葉台にオープン!

シェアする

ハマっ子に長年愛されてきた「横濱一品香」横濱たんめん発祥の店として横浜・野毛の小さなお店からその歴史は始まり67年。今では家族3代でお店に通うファンもいる老舗横濱中華店です。

そんな「横濱一品香」が、「この喜びをもっと横浜の方々に広げていきたい」という想いをこめてリブランディングに着手。4月21日にその1号店が青葉台にオープン!女性記者2人がレセプションにおじゃましてきました。

中華ならではの円卓を囲む特別感と気軽に通えるカジュアルさ

店内の中心には花をイメージしたソファーが配置され、円卓を囲むことができるようになっています。ゆったりとした店内で、大人数で円卓を囲むのは中華の醍醐味!また、一人でも利用しやすいテーブル席もあるので、シーンを選ばず横濱中華を堪能することができます。

青葉台店のおすすめは「手包み雲吞」。ひとつから頼めるうれしい点心

海老がぎっしりプリプリで美味しい!

リブランディングオープンをする青葉台店では人気の「たんめん」はもちろんのこと、点心をはじめ一品メニューが楽しめます。なかでも、青葉台店のおすすめはこの「手包み雲吞(ワンタン)」。「たんめん」に合う味や食感を追求したというこだわりで、毎朝職人が一つ一つ丹精込めて手包みされ提供されます。点心は一つずつ注文できるので、あれこれちょっとずつ楽しみたい時にもうれしいですね。

焼売は注文必至!1個~OKなので、1人飲みにも重宝します

料理にあわせて中国茶をセレクト

中華料理というと、まずは「ビール!」とオーダーしたいところですが、同店の料理のお供には中国茶がおすすめだとか。点心や揚げ物、デザートなどにあわせてワインのようなマリアージュが楽しめます。

320円という値段設定には、青葉台マダムもびっくり

ポットから2~3杯は取れるので、飲み比べがおすすめ

オープンのタイミングでは、84品のお料理と5種の中国茶を楽しむことができます。

新しい一品香へ

レセプションに訪れていた2代目社長の田代信太郎さん(87)

一品香の創業当時大学生だったという田代さんは、調理場を手伝うなど父と二人三脚で店を支えてきたといいます。今回リブランディング1号店となった青葉台店に訪れ「一段高いレベルの店づくり。とてもよくできている」と話し、新しい一品香の誕生に喜びの笑顔を見せていました。

野毛で3坪から始まった創業当時の一品香

4代目となる鳥生恒平社長(43)

鳥生社長は「ゆったりとした空間でリーズナブルに、3世代で食事をできる空間を提供したいと思った。点心などは1品ずつ頼めるので好きなものを少しずつ楽しんでもらえたら」と話していました。

【店舗情報】
横濱一品香 青葉台店
所在地:横浜市青葉区青葉台2-11-12 青葉台コーポ1F
電話番号:045-482-6226
オープン:2022年4月21日(木) 11:00
店舗規模:50坪 50席
営業時間: 全日11:00~22:00 (21:30ラストオーダー)
アクセス:東急電鉄田園都市線「青葉台」駅 徒歩7分
公式ホームページ:https://www.ippinko.jp/

住所

神奈川県横浜市青葉区青葉台2-11-12 青葉台コーポ1F

電話

045-482-6226

045-482-6226

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-04-29

関連タグ