赤レンガ倉庫で懐かしのキャラクターにあえる?!「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」 “ヨコハマ限定”バージョン開催!

シェアする

PR・イベントは終了しました。

家族みんなでお出かけする機会が増えるゴールデンウィーク。せっかくだからみんなが楽しめる場所に行きたいですよね。横浜赤レンガ倉庫では、4月19日(火)から5月8日(日)まで『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』が開催されます。この展覧会はサンリオ創業60年を記念して、全国を巡回しているもので、赤レンガ倉庫で行われるのは“ヨコハマ限定バージョン”。ほかの開催地では見られないセーラースタイルのハローキティもお目見えします。

2020年で創業60年を迎えたサンリオの歴史をたどることができるだけなく、ニッポンの「カワイイ文化」がどのようにできたのか。また、その裏にある「サンリオの想い」を貴重なデザインや商品と共に知ることができます。

親子3世代で楽しめるサンリオ史上最大の大展覧会、ぜひ足を運んでみては。

「カワイイ」のはじまり

サンリオといえば、ハローキティですが、ハローキティ以前にも「カワイイ」が存在していたのをご存知ですか?創業当初にサンリオが生み出した「カワイイ」を貴重な資料とともに公開されます。

サンリオキャラクター大集合!

サンリオが生み出してきたキャラクターはなんと450以上!!今回はサンリオを代表する有名キャラクターから、今では見ることができない懐かしキャラクター、「え、これもサンリオなの?」といった意外なキャラクターまで展示されます。「昔好きだった~!!」なキャラクターにもきっと会えるはず。

キティの知られざるヒミツ!?

2019年ハローキティーはデビュー45周年を迎えました。今では国内にとどまらず、老若男女を問わず、世界中で愛さえるキャラクターとなっています。45年ものあいだ第一線で活躍するキャラクターは世界的にみても稀有な存在です。なぜハローキティが人気キャラクターであり続けられるのか?人気のヒミツを探ります。

1000点を超える懐かしグッズを追加展示!

リトルツィンスターズやマイメロディの特集コーナーが新たに登場するほか、リバティプリントとハローキティとのコラボレーションによるジャケットをはじめ、懐かしいグッズが盛りだくさんで展示されます。これほしかったやつ!!と盛がること間違いなし。「イチゴ新聞」のコーナーもあるそうです!

ここでしか手に入らない横浜展オリジナルグッズも!

会場内でしか手に入らないたくさんのサンリオキャラクターグッズが勢ぞろいするほか、横浜みあげの定番、『ありあけのハーバー』のサンリオ展限定バージョンも登場販売されます。

ゴールデンウィーク情報のまとめはコチラ!

開催日

2022年4月19日(火)~2022年5月8日(日)
10:30~18:00(17:30 最終入場)
※4/29~5/8は10:30~20:00(最終入場19:30)

住所

神奈川県横浜市横浜市中区新港新港1-1-1

横浜赤レンガ倉庫1号館 2F・3F

費用

▼大人
通常料金:1,800円
特別料金期間:2,100円

▼学生(中・高校生)
通常料金:1,300円
特別料金期間:1,600円

▼子ども(4歳~小学生)
通常料金:900円
特別料金期間:1,200円

▼サンリオ展オリジナルグッズ付きチケット
通常料金 大人:2,500円
特別料金期間 大人:2,800円

※特別料金期間➡4/29(金・祝)~5/8(日)
※オリジナルグッズ付きチケットはローソンチケットのみでの取り扱い

問い合わせ

TBS サンリオ TMエンタテインメント

電話

0120-801-300

0120-801-300

(受付時間10:00~18:00)

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-04-21

関連タグ