ドキュメンタリー作品「原発の町を追われて・十年」【4月29日】かわさきゆめホールで上映

シェアする

PR・イベントは終了しました。

牛が道路を横切る作品の一場面

「原発の町」に迫る作品

 かわさきゆめホール(下沼部1880)で4月29日(金・祝)、ドキュメンタリー作品「原発の町を追われて・十年」が上映される。

 福島第一原発事故で7千人の町民が避難を余儀なくされた双葉町。10年が過ぎ、それまで原発の町に暮らしていた家族の軌跡をたどる。

 同ホールシネマ倶楽部の柳沢芳信さんは「ロシアのウクライナ侵攻でエネルギー不足が心配され、原発の稼働を促す声も上がっている。原発被害の現実に触れ、考える機会に」と話す。

 午前9時から5回上映。入場料1000円、障害者500円、学生以下200円。

 (問)【電話】044・433・3003

開催日

2022年4月29日(金)
午前9時~
(5回上映)

住所

神奈川県川崎市中原区下沼部1880 かわさきゆめホール

費用

入場料:1000円(障害者:500円・学生以下:200円)

問い合わせ

かわさきゆめホール

電話

044-433-3003

044-433-3003

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-04-26

関連タグ