【劇団かかし座】 リトアニアでチャリティ公演 クラファンで資金募る 5月23日まで

シェアする
手影絵で動物を表現

 影絵の総合パフォーマンスを国内外に発信する「劇団かかし座」(南山田町)が5月17日、リトアニアで3年ぶりの海外公演を行う。ウクライナ支援するチャリティとして収益の全額を寄付するため、同劇団ではこの公演にかかる費用についてクラウドファンディングを実施している。

 この公演はドイツ、リトアニア、ルクセンブルクでのツアーの一環として「ノンバーバルの手影絵パフォーマンスでほんのひと時でも楽しい時間を過ごしてほしい」と企画した。本公演の合間を縫って特別に行われ、リトアニアに避難したウクライナの難民が無料招待されるという。収益は全て国際児童青少年舞台芸術協会のウクライナセンターに寄付される。

 目標金額は人件費や制作費など合わせて250万円に設定し、2022年5月23日まで実施する。かかし座特製の影絵の便箋やウクライナカラーのTシャツなどをリターン(返礼品)として用意している。

開催日

2022年4月22日(金)~2022年5月23日(月)

住所

神奈川県横浜市都筑区南山田

問い合わせ

劇団かかし座

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-05-12

関連タグ