川崎新田ジム古橋岳也選手がアジア王者の井上拓真選手に挑戦!地元も後押し@さいたまスーパーアリーナ

シェアする

PR・イベントは終了しました。

ポスターを持つ高橋会長(左)と伊東さん

日本&WBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級王座統一戦

 登戸・川崎新田ボクシングジム所属の古橋岳也選手(34)は6月7日(火)、さいたまスーパーアリーナで行われる日本&WBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級王座統一戦に臨む。日本王者としてWBOアジアP王者の井上拓真選手(26)=大橋=と戦う。

 同興行のメインイベントは、井上拓真選手の兄・尚弥選手(29)が出場する世界バンタム級3団体王座統一戦。新田渉世会長は「世界が注目する大きな舞台。格上だが十分に実力を発揮してほしい」と思いを込める。古橋選手は「強いチャンピオンだと思う。『勝って当然』と思って向かっていくので、ぜひ皆さん応援を」と呼びかける。

アマゾンプライムビデオで生配信

 堰出身の古橋選手が日本タイトルを獲得した2021年、宿河原駅前商店会では大型横断幕を掲出。横断幕を手掛けた伊東堂の伊東久子さん(73)は「地元の稲田中出身なので、多くの人に試合を見てもらいたい」と、今回も古橋選手の写真や試合日程を記載したポスターを製作した。「諦めない姿勢にいつも勇気をもらっている。思いっきり力を出し尽くして」と伊東さん。同商店会の高橋利之会長も「地元のボクサー。いい結果を残してほしい」と期待する。

 当日は午後5時から、アマゾンプライムビデオで生配信。古橋選手の出場は第4試合。

開催日

2022年6月7日(火)

住所

神奈川県川崎市多摩区

公開日:2022-06-03

関連タグ