『平穏死』石飛幸三さん講師に「みんなで支える在宅医療養シンポジウム」

このイベントは開催・申込を終了しました

『平穏死』石飛幸三さん講師に「みんなで支える在宅医療養シンポジウム」

 「みんなで支える在宅療養シンポジウム」と題した集いが1月27日(日)、本町のヨコスカ・ベイサイド・ポケットで開かれる。午後1時から4時、参加無料。申し込みは先着400人。横須賀市の主催。
 人生の最期の迎え方について、識者から話を聞く。基調講演では「終の棲家で平穏死」と題し、世田谷区立特別養護老人ホーム芦花ホームの勤務医、石飛幸三さん=写真=が登壇。「平穏死」を題材にした著書の作者としても知られ、「家族に見守られながら、特別な処置を行うことなく、安らかに詩を迎えることこそ、人の終末のあり方」という石飛氏。看取りの経験をもとに講話を行う。
 「平穏に旅立つための支援と準備」がテーマのパネルディスカッションも実施。市内で在宅医療に取り組む医師を交えたパネラーから話を聞き、必要なことを考える。
 詳細は市地域医療推進課【電話】046・822・4332

開催日

2019年1月27日(日)

開場12時30分

住所

神奈川県横須賀市ヨコスカ・ベイサイド・ポケット

問い合わせ

横須賀市健康部地域医療推進課

電話

046-822-4332

046-822-4332

人気記事

注目