由紀さおり特別公演@相模原市民会館

シェアする

このイベントは終了しました。

由紀さおり/1969年、「夜明けのスキャット」でデビュー。女優としても映画、ドラマへ出演、司会、バラエティなど幅広く活躍。2011年、米国のジャズオーケストラPink Martiniとのコラボレーションアルバム「1969」をリリース。世界50か国以上で発売、配信され世界的ヒットに。2012年、紫綬褒章受章。

大ヒット曲『夜明けのスキャット』などで人気を博し、歌謡曲、童謡唱歌、ジャズはもとより、俳優としても活躍する由紀さおりさんの芸能生活50年を記念した特別公演が4月19日(金)、相模原市民会館で開催される。今回は由紀さんに公演への意気込みや見所などを聞いた。

Q1.今回の相模原市民会館でのコンサートですが、由紀さんは相模原にいらっしゃったことはありますか?また、相模原に対してはどのような印象をお持ちでしょうか。

コンサートや、番組収録でもお伺いしたことがございます。相模原のファンの方は皆さん温かくて、とてもありがたく思っています。

Q2.今回の公演の見所や、注目ポイントを教えてください。

50年という月日を、歌ってくることができました。自分の大事な歌を聴いていただきたいという思いと、次なる自分の可能性を観て、聴いてほしいです。

Q3.今年芸能生活50年の節目を迎えられるにあたり、由紀さんにとって改めて音楽、歌とはどのようなもの、または存在でしょうか。

歌うことは自分の生き方、考え方、また独自の情感を伝える手立てです。それがダンスや絵画や芝居ではなく、音楽であったということです。表現することであり、時には語り、動いたり、その枠を超えて伝えたいと思うようになりました。

Q4.由紀さんのような歌手をめざす、または歌うこと、音楽が大好きな相模原の若者、子どもたちに対して激励の意味を込めて、アドバイスやメッセージをお願いします。

時代は大きく変化し、イヤホンで音をキャッチすることが多くなり、電車はもちろん、歩くときもイヤホンをしています。人ごみの音、車の音、人の声、自然の風や空気のにおいを感じることなく日々を過ごしている今を、考え直してみてほしいなと思います。

Q5.改めてコンサートへの意気込み、今後の活動への抱負、そして由紀さんを応援する相模原市民へのメッセージをお願いします。

4月から1年かけて全国ツアーをします。ひとりの歌い手としての私を感じてほしいこと、またひとりの女性として人生をかけて歌うことに向き合って今を迎えていること。本気で歌ってきたことを伝えたいです。日本語の表現のやさしさや言葉のその深い意味合いなど、日本語をもう一度しっかりと聴いてください。人生100年の時代、世界はどこに、また日本がどこに行こうとしているのか難しい中ですが、日々の大切な時間を生きていきたいと思います。

由紀さおり「コンサート2019〜50年記念〜“感謝”」
2019年4月19日(金)、午後2時30分開演(2時開場)。チケットは全席指定で一般5500円(未就学児の入場は不可)。コンサートの詳細および問い合わせは同館【電話】042・752・4710へ。チケットの販売窓口は午前10時から午後7時まで。

開催日

2019年4月19日(金)

住所

神奈川県相模原市中央区中央3の13の15

費用

5,500円

公開日:2019-03-23

関連タグ