植物で感じる季節の移ろい はだの浮世絵ギャラリー

このイベントは開催・申込を終了しました

植物で感じる季節の移ろい はだの浮世絵ギャラリー

歌川広重「江戸名所百景 亀戸天神境内」

はだの浮世絵ギャラリー(秦野市立図書館2階)で7月7日(日)まで、展示企画「江戸の園芸植物」が開催されている。時間は午前9時から午後7時まで(火曜は5時まで)。期間中、月曜と6月28日(金)は休館。

季節の移ろいを桜や藤、花菖蒲などの植物から感じ、楽しんだという江戸の人々の花見の様子や、役者絵の中に四季折々の植物を描いた作品など計38点が展示されている。

また、今回展示されている作品の一つ「江戸名所百景 亀戸天神境内(歌川広重)」は、昨年のはだの浮世絵ギャラリー1周年記念に作られたクリアファイルの絵としても使用されている。このクリアファイルが販売されてから、本物の作品を直接見ることができるのは今回の展示が初めて。現在もクリアファイルは図書館や宮永岳彦記念美術館、ファミリーマート秦野市役所前店で販売されているという。

市文化振興課は「この時期・この季節の植物が多く展示されています。浮世絵を見ながら季節を感じていただければ」と話している。

同ギャラリーでは1998年に東田原出身の浮世絵収集家・故大津圓子氏から寄贈を受けた1904点の浮世絵を、テーマに合わせて常設展示している。入場無料。問い合わせは市文化振興課【電話】0463・86・6309へ。

開催日

2019年7月1日(月)~2019年7月7日(日)

9時から19時まで(火曜は17時まで)。
期間は月曜と6月28日(金)は休館。

住所

神奈川県秦野市平沢94-1

秦野市立図書館2階

費用

入場無料

問い合わせ

市文化振興課

電話

0463-86-6309

0463-86-6309

関連記事

人気記事

注目