関東大震災で陥没し誕生した自然湖「震生湖を学ぼう」秦野市立南公民館で11月23日

関東大震災で陥没し誕生した自然湖「震生湖を学ぼう」秦野市立南公民館で11月23日

桜の時期の震生湖

 ミュージアムさくら塾「関東大震災で生まれた震生湖〜震災遺構の保存と活用〜」が11月23日(土・祝)に秦野市立南公民館で開催される。時間は午後2時から4時まで。入場無料。

 震生湖は、1923年の関東大震災により誕生した自然湖。当日は文化庁技官の「震生湖の文化的価値」についての講演のほか、専門家や地元の人たちと「保存と活用」をテーマにパネルディスカッションを行う。

 担当者は「震生湖について理解を深めていただけるよう企画しました。お気軽にご参加ください」と話している。

 定員は200人(申し込み先着順)。問い合わせは桜土手古墳展示館【電話】0463・87・5542へ。

開催日

2019年11月23日(土)

14時から16時まで

住所

神奈川県秦野市秦野市立南公民館

費用

入場無料
定員は200人(申し込み先着順)

問い合わせ

桜土手古墳展示館

電話

0463-87-5542

0463-87-5542

人気記事

注目