自転車で走る三浦半島・南房総  スマホでスタンプラリー

自転車で走る三浦半島・南房総  スマホでスタンプラリー

2月23日には、横浜銀行の大矢恭好頭取、千葉銀行の佐久間英利頭取らがイベント前のテストライドを行った

三浦半島と房総半島をエリアとしたスケール感のあるサイクルスタンプラリーイベントが2月29日(土)から始まる。期間は4月29日(祝)まで。

房総半島20か所、三浦半島10か所

 サイクルロード沿いにある道の駅や飲食店などの観光スポットをめぐり、スタンプを集めて応募すると抽選でTREK(トレック)社製のロードバイクや両エリアの特産品、施設の招待券がもらえる。スタンプポイントは房総半島20カ所、三浦半島10カ所。スマートフォンを使用する電子スタンプラリーを導入する。

房総半島の災害復興事業

 昨年、相次ぐ台風で大きな被害を受けた房総半島の災害復興事業として横浜銀行と千葉銀行が主催。運営を東京湾フェリーが手掛ける。南房総エリアでは期間中の一部日程で、自転車ごと乗車できるサイクルトレインの運行もある。東京湾フェリーでは期間中に限り、スマートフォンのスタンプ台紙画面を提示すると片道1400円が1260円の特別価格で乗船できる。

開催日

2020年2月29日(土)~2020年4月29日(水)

住所

神奈川県横須賀市

注目