7月12日 地元商店を応援 「物販イベント」開催 @伊勢原駅北口の日産伊勢原バスターミナル

シェアする

このイベントは終了しました。

チラシを手に来場を呼びかける阪本理事長

 新型コロナウイルス感染症の影響で、売り上げが減少した市内小売店を応援しようと、NPO法人イセハライク(阪本純太郎理事長)が7月12日(日)、伊勢原駅北口の日産伊勢原バスターミナルで物販イベントを行う。来場は自由。時間は午前10時から午後3時まで。雨天決行で、荒天の場合は中止。

 イベントは、新型コロナウイルス感染症の影響で、さまざまな催し物が中止に追い込まれる中、「地元商店応援企画 まけるな伊勢原!」と銘打って実施される。これまでイベントに出店していた事業者たちが、イベントが無くなり困っているという声や、外出自粛が解除されても売り上げが落ち込んでいるという地元商店主の声を聞き、市民が応援しようと同法人が買って出た。

 阪本理事長(44)は「明るい話題を提供し、少しでも光がさせたらという思いで企画しました」と意図を話す。

キッチンカーや地元商店が出店

 当日はオムライスやタコス、かき氷などのキッチンカー約10台が会場内に並ぶほか、大山の豆腐や和菓子、洋菓子など地元商店も出店。新鮮野菜の販売や、ハンドメイドアクセサリーなどのフリーマーケットも予定されている。

 主催者側は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、入り口でアルコール消毒を実施するほか、会場内でのマスクの着用を要請。また、「熱のある人や、体調の優れない人は来場をお控え下さい」と呼びかける。

 阪本理事長は「商品を買って、食べて、楽しんで、地元の商店を応援していただければ」と話している。イベントの問合せは阪本理事長【携帯電話】090・8722・6163へ。

 主催者が発表する、7月7日時点の出店者は次の通り。

〈キッチンカー〉

CafeLazy、RunBinPie、Kurumi、アウトサイドキッチンブーン、グルメンキッチンカー、ORIGAMI CAF 、まついSunち、papamucho、ポワル、キトキトカフェ

〈物販その他〉

poco a poco、Café茶珈、湧水工房、塩田商店、片野さんちのトマト、大磯野菜工房、葉山の柿の実、momi-no-ki、kaiolohia、おもちゃセキヤ、和膳照國、和菓子さがわ、オカリナキッチン、自然薯家、LinkBall、ヒトツナギ

商業の発展目標に結成

 イセハライクは、地元商業の発展を目標に、2017年に結成されたNPO法人。「イセハ ライク」(伊勢原が好き)と「イセハラ イク」(伊勢原に行く)の思いを込めて名付けられた。現在は地元の商工業者ら6人で活動をしている。

 同法人では、毎月第4日曜日に伊勢原市総合運動公園で「イセハライチ」を開催していたが、今年3月から8月までは新型コロナウイルス感染症の影響で中止に。9月からの再開をめざし、準備を進めている。

開催日

2020年7月12日(日)
来場は自由
10時から15時まで 雨天決行 荒天の場合は中止

住所

神奈川県伊勢原市伊勢原駅北口の日産伊勢原バスターミナル

問い合わせ

阪本理事長

電話

090-8722-6163

090-8722-6163

公開日:2020-07-11

関連タグ