『こけし200体展示で温もりを』まるなのこけし×花田かお「Shell we DANCE」@茅ヶ崎市

このイベントは開催・申込を終了しました

『こけし200体展示で温もりを』まるなのこけし×花田かお「Shell we DANCE」@茅ヶ崎市

創作ユニット「まるなのこけし」の2人と花田さん

  茅ヶ崎市松浪の「LAMA COFFEE DAYS 2F 」」で、まるなのこけし×花田かお「Shell we DANCE」が、12月11日(金)〜25日(金)まで開催。『可愛いこけし』が展示される。

 カフェのテーブルに集った親指ほどの背丈のこけしたち。カラフルな民族衣装を身にまとった困り顔の女の子。一方には大小の貝殻がキラリと光る親子や恋人同士が並ぶ。色味や素材は違えど、大きさや表情はどこか似ていて、耳を澄ますと「こんにちは」「最近どう、元気にしてる」「おしゃれだね」と会話が聞こえてきそうだ。

「小さな可愛さ」つなぐ縁  

 生みの親は、創作ユニット「まるなのこけし」の野口奈美さん=遠藤在住=と湯川紀子さん=平塚市在住=、そしてアーティストの花田かおさん=城南在住=の2組。偶然、3年ほど前から互いに「小さなこけし」を作りを始め、今回コラボ展を行うカフェが縁で出会った。

こけしで温もりを

 「まるな」は当初、箱根の土産市へ出品する際「土産の定番で気軽に持ち帰ることができるサイズに」と考案。湯川さんが紙粘土の体にタイの布の端切れを着せ、野口さんが表情を描く。「連れて帰りたくなる可愛さ」と反響があり茅ヶ崎市の衣料品店で販売し、鏡餅やひな人形といった季節ごとの作品も増やした。

 花田さんはマイクロプラスチック問題に関心を寄せ、鵠沼海岸などでごみ拾いを行う中、漂着した貝殻から着想を得て購入したパーツを組み合わせて創作。「もともと可愛いと思っていた」というこけしのモチーフに落ち着いた。

 展示には計200体ほどが勢ぞろいする。事前の打ち合わせでは、互いの作品を見せ合い笑顔が絶えない。「こんな時だからこそ、見た人に明るく楽しい気持ちになってもらえたら。癒されて温もりを感じてほしい」と3人は思いを込めた。

 

開催日

2020年12月11日(金)~2020年12月25日(金)

午前11時〜午後7時
木曜定休

住所

神奈川県茅ヶ崎市LAMA COFFEE DAYS 2F(茅ヶ崎市松浪2-8-15)

問い合わせ

LAMA COFFEE DAYS

電話

0467-37-6116

0467-37-6116

関連記事

人気記事

注目