令和三年 初詣にもコロナ影響で対策呼びかけ【平塚市】

シェアする

このイベントは終了しました。

画像はイメージです

平塚市内神社・寺院の対応

 新型コロナの影響で来年の初詣にも変化が起きている。地域の神社や寺院に聞いた。

平塚八幡宮

 平塚八幡宮は、熊手や破魔矢といった縁起物の頒布を、例年より10日ほど早い12月13日から開始する。例年は25日の「歳の市」からだったが、参拝者の分散を見据えた格好となった。お札のセットや土鈴などは例年通り1日から頒布。初詣ではマスク着用などの対策を呼びかけている。

前鳥神社

 このほか、前鳥神社では三が日の分散参拝を呼びかけ。間隔を空けて賽銭箱に並んでもらうため、参道に1m間隔に線も引く。三嶋神社は屋台などの出店を見送り、両神社とも感染拡大予防を呼びかけている。

金目観音

 金目観音では、大晦日を午後4時30分に閉門、除夜の鐘の一般参加を取りやめた。代わりに「新年の鐘」を実施する。元日から6日までの各日108人に鐘をついてもらう。12月20日から同寺で予約を受け付ける。

開催日

2020年12月11日(金)~2021年1月6日(水)

住所

神奈川県平塚市

問い合わせ

平塚市内 各神社・各寺院

公開日:2020-12-15

関連タグ