葉山町のダイビングショップ代表 佐藤輝さんが『湘南波の下水族館』写真集を出版

シェアする
カメラとともに著書を手にする佐藤さん

葉山の海に生きる命活写

 葉山町堀内にあるダイビングショップNANAの代表・佐藤輝さんがこのほど、初となる写真集『湘南波の下水族館』(共著:鍵井靖章、青菁社)を出版した。

 2005年にダイビングショップを始めて以来、15年にわたって毎日のように葉山の海に潜っている佐藤さん。これまで撮りためた膨大な写真の中から、約190枚を厳選した。

貴重な写真や解説など

 魚たちが水中で生き生きとしている姿や、色も形も様々なウミウシ、カラフルな熱帯魚のほか、夜に撮影した作品も収録。特に思い入れが強いのは産卵や子育てをする姿を捉えたものという。「ダンゴウオやタツノオトシゴは、住処に何日も通って撮れた貴重なシーン。あの時は嬉しかった」と笑顔で振り返る。

 それぞれの写真の解説を執筆したほか、コラムでは15年の間に起きている「磯焼け」などの問題についてもまとめた。「葉山の海にはたくさんの生き物が生息する一方、今も環境が大きく変化している。収録したなかにも、今では見られない魚や海藻もある」。こうした現実を地域の子どもたちに知ってもらおうと、平易な言葉使いでふりがなを振る工夫をした。写真集の後半では、長年ガイドを務めているプロ水中写真家の鍵井靖章さんによる、相模湾の色彩を丁寧に切り取った作品が収められている。

写真集はアマゾンや全国の書店のほか、NANA(堀内647)でも販売中。定価1980円。

 

住所

神奈川県葉山町堀内ダイビングショップNANA

費用

定価:1980円

公開日:2021-04-08

関連タグ