NEW

挑み続けた岡本太郎を作品と言葉で紹介する企画展@川崎市岡本太郎美術館

シェアする
過去にも展示された作品「挑む」=2017年

企画展「挑む 岡本太郎」4月24日から

 川崎市岡本太郎美術館(枡形)で4月24日(土)から、企画展「挑む 岡本太郎」が開催される。生涯をかけて時代に挑み続けた岡本太郎の足跡を、多彩な作品と言葉と共に紹介する。

人生と作品を時代ごとに紹介

 同展では、岡本太郎の人生と作品を時代ごとに7つの章で紹介。「少年太郎」「パリ」「戦争」「日本の美術界」「社会」などがテーマとなっている。幼少期については、父・岡本一平と母・岡本かの子の作品と資料もあわせて展示する。

 出品作品は絵画や版画、彫刻、写真など約160点を予定。全ての作品の写真撮影が可能。関連イベントは随時ウェブサイトで発信される。

 同展の開催は7月4日(日)まで。午前9時30分から午後5時、入館4時30分まで。月曜ほか休館日あり。入館料一般900円、中学生以下無料。

「岡本太郎の食」常設展も

 常設展示室では4月15日から、「岡本太郎の食」も同時開催。「食」をテーマに壁画の原画や油彩、陶器、インダストリアルデザインなどを幅広く展示している。

 問合せは同館【電話】044・900・9898。

開催日

2021年4月24日(土)~2021年7月4日(日)
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
月曜日ほか休館日あり

住所

神奈川県川崎市多摩区桝形7-1-5 岡本太郎美術館

費用

一般 900円
中学生以下無料

問い合わせ

岡本太郎美術館

電話

044-900-9898

044-900-9898

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-05-03

関連タグ