川崎市多摩区各地で撮影!多摩川舞台に8編の物語~ Huluオリジナルドラマ【4月23日配信開始】

シェアする
本作の一場面(右)とイメージ(下)=HJホールディングス提供

登戸出身中川監督制作「息をひそめて」

 オンライン動画配信サービスHulu(フールー)が、2020年春の多摩川を舞台に全8話のオリジナルドラマ「息をひそめて」を制作。4月23日に独占配信を開始する。監督・脚本は登戸出身の映画監督、中川龍太郎さん(31)。登戸地区や向ヶ丘遊園駅など区内各地で撮影が行われた。

夏帆、石井杏奈、村上虹郎、安達祐実、斎藤工らが演じる

 同作は約30分ずつ8編の小さな物語で構成されるオムニバスドラマで、食堂や学生寮、高校などコロナ下の多摩川沿いの街が舞台。夏帆、石井杏奈、村上虹郎、安達祐実、斎藤工ら俳優陣が演じる「普通の人々」の人生に光を当てている。

 国内外で多数の受賞歴を持つ中川監督にとって初の配信ドラマ。「こんな時だからこそ、優しく在りたい。そんな気持ちで紡いだ8つの結晶(物語)」と表現する。

第2話

 第2話では専修大、明治大の生田キャンパスに程近い「いわき市潮学生寮」(三田)が物語の大半を占め、重要なスポットの一つに。

第4話

 第4話では、主人公がUberEats(ウーバーイーツ)のアルバイトをする場面を、登戸駅や向ヶ丘遊園駅周辺で撮影したという。今も登戸に住む中川監督は「9歳まで過ごした故郷であり、原風景が多摩区。そこで見てきた景色や香りが自分の創作の原点になっている。少しずつその故郷も都市開発などで姿を変えている今、その原風景と向き合って撮りたいと考えた」と胸中を明かす。

シャボン玉オヤジも

 人々にとって憩いの場であり、癒しを与えてくれる多摩川–。その象徴的でリアリティーのあるシーンを描くために、生田緑地や区内外の各施設でパフォーマンスを行う「シャボン玉オヤジ」が出演している。登場回は第2話と第8話。本人は「『多摩川の日常』と自分のシャボン玉が認知されたことがうれしかった。コロナでささくれ立った心を、シャボン玉と同様に癒してくれる作品だと思う」と語る。制作関係者によると「狙いのとおり、実際の多摩川の風景に即した柔らかいシーンを切り取ることができた」という。

 同作は初回のみ4話同時配信。以降、毎週金曜に1話ずつ追加される。詳細はHuluサイト。

開催日

2021年4月23日Hulu独占配信開始

住所

神奈川県川崎市多摩区

公開日:2021-04-27

関連タグ