NEW

三浦半島に鎮座する、龍神を祀る三つの神社で限定御朱印を「開運半島詣り」

シェアする
上から時計まわりに浦賀・西叶神社・三崎・海南神社・葉山・森戸大明神

「龍神信仰」でつながる3社

三浦半島に鎮座する3つの神社が連携して「開運半島詣り」と題した地域散策企画をスタートさせた。浦賀・西叶神社、三崎・海南神社、葉山・森戸大明神の3社をめぐり、それぞれが用意している「御朱印」を揃えると、特別に奉製した「開運札」を受け取ることができる。「開運守」もあり、3体すべて集めると専用金字刻印ケースがもらえる。

 コロナ禍で鬱屈した気持ちを少しでも吹き飛ばして欲しいと、龍神を祀る3社の宮司と祢宜が考案した。西叶神社の社殿には、見事な龍の彫刻の装飾があり、天井一面にも墨絵の龍が描かれている。龍神を祀った森戸大明神の鳥居は海の中の小さな名島という島にある。海南神社では、ご神木のイチョウの木の一部が龍の姿に見えるとされており〝龍神社〟という境内社もある。3社の御朱印には、これらの龍があしらわれており、今回の企画のみの限定配布。初穂料500円でなくなり次第終了となる。

 開運や疫病退散を願いながら、電車やバスの移動を組み合わせて歩くことで、運動不足の解消や気分転換に繋げてもらう狙い。近年、パワースポット巡りや御朱印集めを楽しむ若い女性が増えており、「神社の歴史や伝統文化に触れるきっかけになれば」と西叶神社の感見達也宮司は話している。

開催日

御朱印配布 無くなり次第終了

住所

神奈川県横須賀市浦賀 叶神社

公開日:2021-05-02

関連タグ