水族館の「裏側」はどうなっている?ふれあい科学館で「バックヤードツアー」開催【相模原市中央区田名】

シェアする
過去のバックヤードツアー風景

 相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはら(坂野浩一館長)で5月15日・29日、6月5日・19日・26日の土曜日、水族館の裏側をめぐる「バックヤードツアー」が行われる。時間は11時〜と14時〜の各日2回。参加費用は1人300円(未就学児無料)。定員各回12人(1グループ6人・小学生以下保護者同伴)、希望者は当日受付で申し込み。

 普段は入ることのできない水槽の裏側や地下室、飼育室などをスタッフのガイド付きで見学する。給餌やふれあい体験も実施予定。また、綾瀬市で羽が折れて飛べなくなっていたところを保護され、同館で飼育することになった「トビ」も間近で観察することができる。展示飼育部の波多野順さんは「けがをしたトビは自然界には戻れず、当館で終生飼育をすることに。近くで見られる機会はあまりないので、ぜひ足を運んでほしい」と呼びかけている。

同館で飼育中の傷病保護されたトビも観察できる

問い合わせは同館(水郷田名1の5の1)【電話】042・762・2110へ。

開催日

5月15日・29日、6月5日・19日・26日の土曜日。
時間は午前11時〜と午後2時〜の各日2回。

住所

神奈川県相模原市中央区水郷田名1-5-1

費用

参加費用は1人300円(未就学児無料)。定員各回12人(1グループ6人・小学生以下保護者同伴)、希望者は当日受付で申し込み。

問い合わせ

相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはら

電話

042-762-2110

042-762-2110

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-05-11

関連タグ