【大地蒼梧さん書籍】『連鎖の海~逗子開成中學ボート遭難事故』出版

シェアする
著書を手にする大地さん

独自の視点で歴史に光 ーボート事故題材に小説ー

 湘南地区を題材とした小説を発表している大地蒼梧さん(鎌倉市在住)がこのほど、『連鎖の海〜逗子開成中學ボート遭難事故の謎』(風詠社)を出版した。

 題材にしたのは1910(明治43)年に発生し、12人の若者の命が奪われた表題の事故。日本中が悲しみに包まれたことで知られ、今なお語り継がれている。大地さんは「起きた原因」「消えた遭難者」「事故の記憶が語り継がれている理由」という3つの謎にスポットを当て、当時の新聞記事や出版物など膨大な資料にあたり、独自の視点から考察を重ねた。登場人物たちが織りなすドラマを生き生きと描写したフィクション作品。島森書店ほかで販売中(1540円)。

住所

神奈川県逗子市逗子開成中学校

費用

1540円

公開日:2021-06-05

関連タグ