【モデルハウス潜入レポ】住友林業を訪ねてみた。「家」の本質ここにあり。2世代3世代と住み継いでいく“木の家”を見つけた。

シェアする
【厚木住宅公園|住友林業モデルハウス】

厚木住宅公園のモデルハウスを紹介

神奈川県厚木市の住宅展示場「厚木住宅公園」にある「住友林業」のモデルハウスを訪ねてみました! 記者が潜入し、その魅力をレポートします。

木へのこだわり ~日本の国土の約1/800の森林・山林を所有~

モデルハウスにいる方はみなさん「木のスペシャリスト」。話を伺うだけでためになります。

住友林業は、なんと、国土の約1/800(2019年3月31日現在)の森林や山林を所有しているんです。さらに木材の商社だから世界各国から安全な木材を自社供給できるんですって。長年、自然とともに生きてきた会社だからこそ、住まいづくりを安心してお任せできる気がしますよね。

  • 注目ポイント1:〝木の商社〟だからこその安心感。本物の木の住まいを体感できるモデルハウス

素足で感じたい内装の〝木質感〟

1階のキッチンとダイニング

「床は家と人が接する場所ですから、ぜひ素足でその良さを感じてみて下さい」とスタッフの方に教えてもらいました。素足で歩いてみると…、木の持つ〝人を癒すチカラ〟が足の裏から伝わってくる感じ。心が浄化された気がします。

  • 注目ポイント2:「木質感」を存分に体感してみて。住友林業の家は、無垢のフローリングが標準仕様。

ここは、居るだけで安心感に包まれる気がする

リビングと和室

モデルハウスを見学していると「日本初の木造技術ビッグフレーム構法」のポスターが目に入ります。住友林業の家は高層ビルと同じ強い強度をもつ建て方をしているそうです。なんと柱は通常の5本分の560ミリ幅。だから大開口で大空間が実現できるんですね。

  • 注目ポイント3:強靭で間取りの自由度が高い構法。暮らしの安心感がちがう。

一度の見学で2世帯分を体感できる

2階のLDKはまた一味違った雰囲気

モデルハウスは上下分離の2世帯住宅仕様。1階と2階の雰囲気が異なるので一度の見学で2邸分を体感することができます。使われている木の部材やインテリアコーディネイトもこれからの家づくりの参考になります。

  • 注目ポイント4:1棟のモデルハウス見学で「木とともに暮らす」提案を豊富に得られる

住友林業なら〝本物の木と暮らす心地よさを実現できる〟

いかがでしたか。快適な住まいは家族の幸せの原点。ニューノーマル時代の新たな暮らし方、あなたも探してみませんか。今回レポートした「住友林業」さんの住まいづくりをもっと知りたい方はこちらをクリック→ 厚木住宅公園「住友林業」

詳細を聞いてみたい、見てみたいという人は、ぜひ厚木住宅公園を訪ねてみて。

厚木住宅公園レポート特集を見る

住所

神奈川県厚木市妻田西1-9-28

問い合わせ

住友林業株式会社(厚木住宅展示場内)

電話

046-223-2781

046-223-2781

※資料請求などお気軽にお問合せください
※定休日の場合もございますので、お問い合わせの上、ご来店ください

公開日:2021-06-24

関連タグ