2021年も紫色やピンク、白に色づいた118品種 2万超の花菖蒲が見頃【相模原市南区:相模原公園】

シェアする
色とりどりの花が涼しげに咲き誇る水無月園=4日、相模原公園

 相模原公園(南区下溝)で花菖蒲が見ごろを迎えている。
20年以上前から花菖蒲を栽培している園内の菖蒲田「水無月園」。2300平方メートルの敷地内に紫色やピンク、白に色づいた118品種、約2万2000株の花を見ることができる。新緑に映え初夏の訪れを知らせる花菖蒲。同園によると見ごろは6月中旬まで。
座間市から訪れた加藤さん夫婦は「あじさいを見に来たら花菖蒲がこんなに咲いていて驚いた。いいタイミングで見られました」とうれしそうに話していた。

「しょうぶまつり」は新型コロナの影響で中止

 例年6月に催されていた「しょうぶまつり」は新型コロナの影響で中止になったが、水無月園への立ち入りは可能。同園は「密にならないように鑑賞を」と呼びかけている。問い合わせは管理事務所【電話】042・778・1653へ。

開催日

見ごろは6月中旬まで

住所

神奈川県相模原市南区下溝3277番地

【電車・バス】
小田急相模大野駅北口から相模原公園前下車
  大15系統2番 原当麻駅・古山経由上溝行 約20分
  大60系統3番 女子美術大学行(※) 約20分
女子美術大学
※7時から9時台の乗り場はグリーンホール前4番となります。

JR相模線原当麻駅から相模原公園前下車
  大15系統 北里経由小田急相模大野駅行 約5分
  当02系統 北里大学行 約5分

JR横浜線古淵駅から女子美術大学下車
 古04系統 麻溝台一丁目経由女子美術大学行 約20分

【車】
国道16号線から
「鵜野森」又は「若松二丁目」を西に曲がる(県道52号線)。
道なりに進む「相模原公園入り口」を直進。
「相模原公園前」東に折れる。100mで駐車場入り口。
圏央道から
圏央道(首都圏中央連絡自動車道)相模原愛川ICから、町田方面へ。
県道52号線を約2キロ程直進、相模原公園前信号を右折、100mで公園駐車場。

問い合わせ

管理事務所

電話

042-778-1653

042-778-1653

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-06-12

関連タグ