川崎市麻生区・浄慶寺「柿生のあじさい寺」2021年も 羅漢と白や青のあじさいを楽しんで

シェアする
花と羅漢があちこちに(6月3日撮影)

 上麻生の浄慶寺でアジサイが今年も開花し、麻生区内外から見物人が訪れている。

1000株以上が咲く

 「柿生のあじさい寺」としても知られ、1000株以上が咲く同寺。境内のほか、山の斜面に沿って白や青の花を見ることができる。音楽を聞いたりお茶を飲んだりしている羅漢像が設置されているのも特徴。春はサクラ、秋はヒガンバナも楽しめる。

 3日には、花の見学や写真撮影に、親子や夫婦ら老若男女が訪れていた。散策に来た上麻生在住の女性は「近所なので毎年見に来ている。斜面の上のほうにある白い花がきれいだった」と2021年の印象を語った。

住所

神奈川県川崎市麻生区上麻生6-34-1 浄慶寺

公開日:2021-06-12

関連タグ