「不要になった着物」の寄付を募集中!被災地の団体に、きもので支援@八王子市八幡町:きものにしわ

シェアする
西川社長

 きものにしわ(八幡町)で「不要になった着物」の寄付を募っている。受け付けは7月1日(木)から31日(土)まで。
寄付先はNPO法人「まぁむたかた」。東日本大震災で被害を受けた陸前高田で、地元の女性たちが中心となって地域再生に取り組んでいる団体。寄付した着物は、和服リメイクの素材として同法人に提供される。

10年前にも現地へ

 にしわの西川誠治社長は、NPO法人きものを着る習慣をつくる協議会の会員として大震災後、「津波で全て流された被災者に祭りで着る浴衣を」と、着物や浴衣を被災地に届けた1人。その後も店として被災地支援の活動をしてきた。

10年前、被災地で着物を配った様子

 今回はその一環で「まぁむたかた」を支援するという。「必要な部分だけ使いますので、綺麗な状態でなくても大丈夫です。ぜひご支援を」と西川社長。
 電話連絡の上、同店に持参する。(問)【電話】042・625・0019

開催日

2021年7月1日(木)~2021年7月31日(土)

住所

東京都八王子市八幡町3−1

電話

042-625-0019

042-625-0019

電話連絡の上、同店に持参する

公開日:2021-06-29

関連タグ