<申込締め切り・7月11日>秦野青年会議所 フォトコンで秦野の魅力再発見 !豪華賞品ゲット!SDGs普及・啓発も目的に

シェアする
チラシを持つ守屋実行委員長(右)と広報の松崎雄己さん

秦野市の活性化につなげるため、公益社団法人秦野青年会議所(柳川太郎理事長)が7月25日(日)、「第一回秦野の魅力発見!フォトコンテスト〜秦野の良いとこ、行っ撮こう!」を開催

秦野青年会議所(以下JC)は40歳までの青年実業家などからなる全国的なまちづくり組織。秦野JCではこれまでも様々な活動を通してまちづくりに貢献してきたが、「今回は密を避けながら、秦野の活性化のために何ができるか考えた」と守屋孔明実行委員長は話します。様々な企画案が出るなか、今回は秦野の魅力を再発見してもらえるよう、観光スポットを車でめぐり、写真を撮ってもらうコンテストの実施を決定。秦野JCで取り組んでいるSDGs(持続可能な開発目標)の啓発もイベントにからめました。

写真の撮影場所には震生湖や水無川など観光スポット25カ所を選定。そのうちの6カ所で、7月25日に渡されるハンドブックに書かれたSDGsのページとチームメンバー、風景を一緒に撮影します。その日撮影した写真は、7月31日(土)までにメールで送信します。

参加者は100組限定。秦野市内在住・在学の小中学生とその保護者(運転者の参加必須)が対象で、1組につき3〜6人を想定しています。

審査は8月8日(日)に実施。各賞の表彰があり、最優秀作品には10万円分のギフトカードが進呈されます。また参加賞として、子どもにはお菓子詰め合わせ、保護者に秦野産の野菜や果物が贈られます。

「当日は撮影場所近くの地元飲食店をぜひ利用していただき、まちの活性化にも協力いただければ」と守屋委員長。参加者には撮影スポットの周辺にある飲食店と参加者が受けられる特典などが書かれたチラシも配布予定だそうです。

同コンテストへの応募写真は、審査後に行われる展示会の中で披露されます。「写真を見て、市外の人にも『秦野に行きたい』と思ってもらえれば」と話しています。

画像をクリックすると拡大表示。ダウンロードが可能です。

参加希望者は上記から応募用紙をダウンロードし、7月11日(日)までに秦野青年会議所事務局へ郵送又は直接持参(秦野市平沢平沢121−1秦野商工会議所内)する。応募多数の場合は抽選。応募用紙は秦野市内の各小中学校を通して配布も予定。

問い合わせ~秦野青年会議所【メール】hadanojc@gmail.com

住所

神奈川県秦野市.

問い合わせ

秦野青年会議所

メールアドレス

hadanojc@gmail.com

公開日:2021-06-30

関連タグ