小田急電鉄、川崎市麻生区内7駅にも新しい「駅スタンプ」麻生区の駅を知る機会に

シェアする
新百合ヶ丘駅の新スタンプ(右)と窓口でスタンプを見せる同駅係員

 小田急電鉄の各駅に、沿線のまちへの愛着や駅に親しんでもらおうと設置する「駅スタンプ」が2021年6月一斉にリニューアル。麻生区内の7駅でも新しいスタンプを押すことができる。

すべての駅で形が異なる「鋏痕」

 1日の同社の創立記念日にあわせ全70駅のスタンプを一新。デザインはは、駅ごとにまちの特色や名産、駅舎の特徴、車両を取り入れている。スタンプの色は3種類で、百合ヶ丘や柿生など小田原線の駅はロマンスカー・GSEをイメージした赤、多摩線は丘陵の緑、江の島線は海の青。絵柄の右下には、かつて改札で駅員が切符に切り込みを入れるのに使用していた「改札鋏」の痕も。この「鋏痕」は、すべての駅で形が異なる。

はるひ野駅、百合ヶ丘駅のスタンプ

 新百合ヶ丘駅のスタンプは「多摩線の分岐駅」という文言と、中央の多摩線と右の小田原線の立体交差の様子が描かれている。熊澤巌駅長によると、リニューアル後はスタンプを押しに来る人が増えたという。また、同駅の改札鋏はすでに処分されてしまったといい、同駅の鋏痕が見られる機会にもなっている。熊澤駅長は「スタンプを押しながらぜひ散策し、麻生区内の駅を知ってもらう機会になれば」と話す。

 利用は各駅改札窓口の係員へ。

住所

神奈川県川崎市麻生区 新百合ヶ丘駅他

公開日:2021-06-30

関連タグ