かなっくホールで「ゴッホの目になって浮世絵版画を見てみよう!」 小中学生とワークショップ

シェアする

このイベントは終了しました。

神奈川区民文化センターかなっくホールは、7月28日(水)に開催するワークショップ「ゴッホの目になって浮世絵版画を見てみよう!」の参加者を募集する。

このワークショップは、8月4日(水)から9日(月・祝)に同ホールで行われる「復刻版浮世絵展〜ゴッホが見た浮世絵版画〜」に展示する作品を選ぶもの。日本画家で白百合女子大学准教授の椎橋げんきさんと同ホールプロデューサーの齊藤実雪さんを講師に、ゴッホが残した絵や書簡から、「ゴッホが集めた浮世絵版画はどれなのか」を参加者たちと意見を交わし、考えていく。

会場は同ホールギャラリーABで、午前10時から午後3時。参加無料。小学3年生から中学3年生の20人が対象となる。先着順。申し込みは氏名、年齢、学校名、メールアドレス、件名に「浮世絵ワークショップ参加申込み」と明記し、同ホール【メール】kanack@kanack-hall.infoまでメールの送信を。

開催日

2021年7月28日(水)
午前10時から午後3時

住所

神奈川県横浜市神奈川区東神奈川 1-10-1  神奈川区民文化センターかなっくホール

同ホールギャラリーAB

費用

参加無料

問い合わせ

かなっくホール

メールアドレス

kanack@kanack-hall.info

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-07-03

関連タグ