「はだのっ子あんしん相談室」学校相談前の悩み受け皿に あんしん相談室【秦野市】

シェアする
事務所がある「つばさ」

秦野市内在住の小中学生やその保護者の抱える不安を電話で相談できる「はだのっ子あんしん相談室」が2020年6月に開設以来、1年が経過しました。

秦野市教育指導課によると、今年6月末までに受けた電話相談件数はのべ18件。開設当時は新型コロナウイルスの影響による休校や分散登校もあり登校への不安や子どもの登校渋りの相談、また昼夜逆転による健康相談、学校行事ができないことによる不安や悩みなど、子どもや保護者から寄せられたそうです。

悩み全般受付

「はだのっ子あんしん相談室」は、旧上幼稚園に設置されている訪問型個別支援教室「つばさ」に事務所を置き、同教室のスタッフが電話対応。生活や勉強、友人・家族関係など、悩み全般を受け付けています。

生活困窮などの相談も

秦野市教育指導課担当者は「コロナ禍で先生方と話す時間が取れないなどの事情もあり、学校に伝える前に相談する窓口として活用してもらえているようです」と話しています。2021年1月には、生活困窮が社会問題となるなか、そうした悩みにも対応できるよう学校心理士やスクールソーシャルワーカーも窓口スタッフのバックアップとして配置。心理カウンセリングや福祉分野でのアドバイスなどもできるようにしました。

「ヤングケアラー」についても

社会情勢に応じて必要なアドバイスをできるようにしており、7月19日(月)から30日(金)までは今問題となっている「ヤングケアラー」についても相談を受け付けるそうです。秦野市教育指導課は、今後も長期休暇等の前後など定期的に児童生徒や保護者に相談窓口の広報を行う予定です。

受付は毎週火〜金曜日、午前9時から午後4時まで。【電話】0463-88-6856

開催日

相談窓口
毎週火~金曜日
午前9時から午後4時まで
0463-88-6856

住所

神奈川県秦野市訪問型個別支援教室「つばさ」(旧上幼稚園)

公開日:2021-07-13

関連タグ