横須賀さいか屋が大幅にリニューアル”eスポーツやカラオケ”など娯楽の殿堂へ10月20日(水)スタート

シェアする

PR・イベントは終了しました。

リューアル工事が進む南館(10月11日撮影)

 三浦半島唯一の百貨店「さいか屋横須賀店」の南館が10月20日(水)に大幅リニューアルされる。カラオケやダーツといった娯楽設備のほか、eスポーツカフェ、ワーキングスペースなども新設。これまでは買い物(モノ)が中心であった旧来型のデパート営業形態から、エンターテインメント(コト)を提供する新たな試みとなる。

 同館はレストラン街や文化ホールなどを有する「コミュニティー館」として1990年に開業。大通り館が閉館した2010年までは新館と共に3館体制で運営され、さいか屋史上の黄金期を象徴する建物だった。09年には館のおよそ半分を割いて、当時県内最大規模の席数を誇った大型カラオケ「シダックス」を誘致。若年層から家族連れまで幅広い世代をターゲットとし、話題を呼んだ。その後集客が伸び悩み、カラオケとしての営業を停止。16年から17年までの1年間はソーシャルゲーム・アニメとタイアップしたグッズの販売と飲食物を提供する「酒保 伊良湖」として営業されて以降、しばらく目立った活用がされてこなかった。現在は2階の中華レストラン「煌蘭」のみの営業としており、市民からその動向が注目されていた。

withコロナ見据え

 今回のリニューアルに伴い、南館の名称を「娯楽の殿堂 さいか屋 eSTAGE」と命名。2階に入居する「煌蘭」と現在もプラン検討中の3階を除き、1階から6階までが刷新される。1階に受付とeスポーツカフェ、4階には個室に区切られたeスポーツルームや貸会議室・レンタルルーム、オンライン会議などのリモートワークに対応したワーキングスペースを整備。5階はカラオケ、6階にはダーツも設置する。いずれの設備もwithコロナ時代を見据え、感染予防やそれに関連するニーズを汲み取った。

 営業時間は午前10時から午後10時、不定休。

開催日

2021年10月20日(水)

住所

神奈川県横須賀市さいか屋

公開日:2021-10-25

関連タグ