逗子の自然の豊さを一堂に海と森のギャラリーで開催中!作品販売もあり!!11月14日(日)まで

シェアする

このイベントは終了しました。

長島さんが写す逗子の海

 逗子市在住の写真家・長島敏春さんが写真展「逗子」を開催している。11月14日(日)まで。

 逗子アートフェスティバル2021の参加企画。長年、逗子の海の豊かさを活写してきた長島さんは2018年、写真集『相模湾の四季 逗子サンゴものがたり』を出版した。今回の展示ではカメラを手に近所の山に入り、シャッターを切った作品も並ぶ。

 会場は海と森のギャラリー(逗子市新宿5の1の16)で、開廊時間は午後1時から5時。(月)(火)(水)は休み。入場無料で作品販売あり。6日(土)と7日(日)にはメディアプロデューサーの石井仁志さんとのトークイベント「逗子、結界を創る写真家」が開かれる。両日とも午後3時から4時30分まで。参加費1千円(ドリンク付)。終了後にサイン会を予定。要予約。

 問い合わせ【メール】toshiharu_2011@yahoo.co.jp’【URL】http://www.sangokun.com

開催日

2021年11月5日(金)~2021年11月14日(日)

住所

神奈川県逗子市海と森のギャラリー

費用

入場無料
トークイベント:参加費1000円(ドリンク付き)

メールアドレス

toshiharu_2011@yahoo.co.jp’

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-11-06

関連タグ