多国籍軍艦寄港のなぜ?「今、横須賀と日本の周辺で何が起きているのか?」を考えるシンポ開催

シェアする

このイベントは終了しました。

画像はイメージです

 市民グループ「原子力空母母港化の是非を問う住民投票を成功させる会」は11月23日(祝)、基地問題を考えるシンポジウムを開く。「今、横須賀と日本の周辺で何が起きているのか?」をテーマに、英空母クイーン・エリザベス、蘭フリーゲート艦、独フリーゲート艦が相次いで横須賀港に寄港し、日本も加わって共同演習を行っている事情や背景に迫る。

 基地監視サイト「追跡!在日米軍」を運営するリムピース編集長の頼和太郎氏が講師を務める。会場は汐入駅前の横須賀市産業交流プラザ第一研修室。午後1時30分開会。資料代500円。

 詳細は同会【電話】046・827・2713

開催日

2021年11月23日(火)

住所

神奈川県横須賀市産業交流プラザ

第一研修室

費用

資料代500円

問い合わせ

同会

電話

046-827-2713

046-827-2713

公開日:2021-11-19

関連タグ