横須賀諏訪大社協力によりオリジナルお守り開発・授与2年目 コロナ収束願い第3弾が誕生

シェアする
新作(左から2番目)をはじめ、これまで手掛けてきあお守り

 コロナ禍を境に様相が一変した観光地・ドブ板通り。来街が難しい中、商店街の新たな施策として諏訪大神社の協力で、コロナ禍収束への願いを込めたオリジナルお守りの開発・授与を2020年から開始。2021年末には横須賀盛り上げ大使のEXILE TETSUYAさんと橘ケンチさんとコラボした第3弾が誕生した。

 大使の2人からの直筆文字「夢叶」を刺繍。日の出に不死鳥をデザインし、コロナ禍からの街の復興や夢を持った人を応援する願いが込められている。今回はドブイタステーションでの販売のみだが、ドブ板やEXILEのファンに加え、ファン同士の繋がりによって海外の愛好家の手にも渡り、SNS上で話題となるほど広がりをみせている。

 また商店街ではコロナ禍を機にオリジナルスカジャンの制作も着手。これらはドブ板通りを愛するクリエイターらで組織される「DOP」によって仕掛けられた。「コロナ禍でもドブ板ファンとの繋がりを作ることで情報発信や今後の来街にも繋げたい」とメンバーの横地広海知さん。DOPは今後、デジタル技術を活用した街の新たな楽しみ方を提案していく予定という。

 お守りの詳細は046・824・4917

住所

神奈川県横須賀市本町2-7 どぶ板ステーション

電話

046-824-4917

046-824-4917

公開日:2022-02-01

関連タグ