横須賀市金谷在住・川口樹生さん 2月23日・CDリリース~音に紡ぐ内なる感情~オンラインでも購入可

シェアする
父から借りたアコギを弾く川口さん

 横須賀市金谷在住の川口樹生さん(Itsuki Kun)が2月23日(水)、CD『 ego』を発表する。

 市内のインディーズレーベル「inner space lab」に所属し、兄の淳太さんがボーカル&ギターを務めるロックバンド「Fall sheeps」ではドラムを担当する樹生さん。コロナ禍で通っていた大学がオンライン授業になり、自宅にこもる日々が増えた2年前、鬱屈した気分を晴らす手段として1人で曲作りを開始した。実家の電器店「マック・カワグチ」でエアコンの設置などを手伝いながら、パンクロック好きという父の利一さんが愛用するアコースティックギターを借りて、ほぼ自宅で制作に取り組んだ。

 21歳とは思えない達観した人生観がうかがえる歌詞をほんのり切ない声でメロディーの中に息づかせている。樹生さんは「普通ではない世界に一変させたパンデミックは内に秘めた感情をさらけ出すきっかけにもなった。つらい思いを抱えながら、懸命に生きる人の心に刺されば」と語る。

 『余裕がほしい』含む4曲収録。ディスクユニオン各店ほか、オンラインでも購入できる。

住所

神奈川県横須賀市金谷

公開日:2022-02-28

関連タグ