「ふつうのカレー」? 横浜市神奈川区・六角橋のカレー専門店「咖喱味庵(カリビアン)」はボリューム満点で「ふつう」じゃなかった!

シェアする
全部のせカレー
チキンカツに豚肉も乗った「全部のせカレー」

最近は「大盛りブーム」。そんな中、「六角橋に大盛のカレー店がある」と聞いて大盛りが大好きな記者が訪れたのが「咖喱味庵」。行ってみると、予想通り、いや予想を超えるものでした。

「ふつうのカレー」なのか?

東急東横線白楽駅、六角橋商店街から徒歩数分の場所に2021年11月にオープンしたカレー専門店「咖喱味庵」(カリビアン)。大きな路地から1本脇に入ったところにありますが、迷わず行けました。店の外に掲げられているタペストリーには「日本人がイメージするふつうのカレー店」と書かれていました。大盛店らしくない、「ふつうのカレー」が気になりますね。

いざ店内へ。入るとすぐ券売機があります。店外にあったメニュー看板でひときわ目立った「ビックリチキンカツカレー」(並900円、大1,100円、メガ1,400円)が食欲をそそります。せっかくなら「メガ」に挑戦。券を購入し、カウンターに置いて待つこと数分。目の前に現れたのは「ふつうのカレー」という言葉を超えるものでした。

ビックリチキンカツカレー

カツがお皿からはみ出るのではないかと思わせるビックリチキンカツカレー

分厚いキチンカツが皿を覆うように乗っかり、ご飯もカレールーも見えないほど。肝心の味はカツはサクサク、カレーは食べ慣れた味。ここで意味が分かりました。確かにこの味は「ふつうのカレー」と言えます。

  • 味にクセがないだけに、この量でも食べ続けられます。食べ終わると、お腹いっぱい、幸せな気分に。

女性に好評の「野菜カレー」

近隣は神奈川大学があり、学生には満足できるメニューですね。しかし、店内を見回すと女性の姿も。女性がこの量を食べるのは大変では?と思っていると、女性の席に運ばれていたカレーにはカツや肉の姿がなく…。これは「野菜カレー」。

  • お店の方によると、女性からの要望もあって取り入れたメニューだとか。
女性に人気の野菜カレー

女性に人気の野菜カレー(並700円)

大きめのナスやブロッコリーが入っています。ナスの甘みとトマトの酸味のバランスが良いと評判で、週に2、3回通う人もいるそうです。

テイクアウトで出来たてを家でも

並から大盛、メガ盛もあることで、それぞれのお腹に応じたカレーが食べられます。カレー通からは「一度食べたらクセになる」との声も出ており、人気店になりそうな予感。もちろん、テイクアウトにも対応しています。事前に電話連絡すれば、待たずに受け取れるので、このボリュームを家でも味わえます。

住所

神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-19-1 松本ビル1F

費用

プレーンカレー500円から

問い合わせ

咖喱味庵(カリビアン)

電話

045-716-8743

045-716-8743

公開日:2022-02-28

関連タグ