【秦野でお散歩・3月】珍しい白イカル発見 震生湖周辺で

シェアする
白いイカル(八木さん提供=3月9日撮影)

冬も終わりに近づき、木々の実も無くなった頃、イカルが群れになって里に降りてきます。3月9日の朝7時半頃、はだの野鳥の会の八木茂会長が震生湖周辺を訪れると、地上に落ちたエノキの種をたべるために50羽ほどのイカルが地上と木の間を行き来していました。

「あの真っ白に輝く点はなんだ?」-、八木会長が双眼鏡を覗くとそこにいたのは、白色のイカル。「私は初めて見ます。所属しているはだの野鳥の会でも初見です」と、八木会長は声を弾ませます。

イカルは通常、嘴は黄色、頭は黒、体は灰色、風切羽は青と白の斑点の入った黒。八木会長が確認した白いイカルは「黒い色素が抜けているようで、頭や翼は茶色になっています」と話しています。「白変個体だろうと思いますが、白いイカルはネットで調べても2件ほどしかヒットしないので珍しいと思います」と貴重な姿を写真に収めました。

群れの中の様子(八木さん提供=同日撮影)

 

秦野でお散歩!まとめページへ

住所

神奈川県秦野市震生湖

公開日:2022-03-28

関連タグ