45枚の新・旧小倉橋それぞれの時代の小倉橋を堪能ー村田孝さん写真展@相模原市緑区:もみじホール城山

シェアする
写真展で展示される予定の村田さんの作品。(写真左から)小倉上部より新小倉橋(2020年3月9日撮影)、川尻より新小倉橋(2004年7月10日撮影)川尻より小倉橋(1990年6月9日撮影)

 下九沢在住のフォトグラファー、村田孝さん(アナログ写趣団ひとり)の写真展「相模川の小倉橋物語」が5月18日(水)から23日(月)まで、もみじホール城山(久保沢2の26の2)のギャラリーで開催される。

 「あなたも小倉橋のルーツを探ってみませんか」と呼びかける写真展では、村田さんがこれまで撮影してきた新・旧小倉橋の写真を約45枚展示。それぞれの時代の小倉橋を堪能することができる。

 写真展に向けて村田さんは「作品は恥ずかしいものですが、機会を見つけて皆さんに見て頂き、記録の必要性を感じ取ってもらえれば。さらに、同じ思いで写真を撮ってもらえたら大変嬉しい限りです」と話す。

記録のために撮影

 村田さんは1977年頃から津久井湖や相模川の風景写真を撮影してきた。82年に津久井湖城山ダムの水門修理工事のため湖水を放流した際に、湖底にかつての集落跡を見つけたことから記録性を重視した写真の必要性を感じたという。「ちょうどその頃に宮ケ瀬ダムの建設工事が始まろうとしていました。数年後、宮ケ瀬ダムが完成して、宮ケ瀬地区は湖底に沈んでしまうと、人々から忘れられてしまうのではないかと思いました。それならば記録を写真に残して、後世に伝えていく必要性があると感じました」と村田さん。それ以後は、宮ケ瀬ダムの工事の推移や宮ケ瀬地区の移り変わり、相模原市北部やJR相模線などの撮影を続けている。

 写真展は午前9時から午後5時まで。入場無料。詳細、問い合わせは同ギャラリー【電話】042・783・5295または、村田さん【携帯電話】090・3814・9220へ。

開催日

2022年5月18日(水)~2022年5月23日(月)
9時から17時まで

住所

神奈川県相模原市緑区久保沢2の26の2

もみじホール城山

費用

入場無料

問い合わせ

もみじホール城山 ギャラリー

電話

042-783-5295

042-783-5295

または、村田さん090・3814・9220へ

公開日:2022-05-10

関連タグ