ギャラリー25周年を記念したポスター展「Look Back-PartⅠ」@相模原市民ギャラリー

シェアする

PR・イベントは終了しました。

2000年に開催された「永遠なる大ロマン‒岩橋英遠展」の展示ポスター=相模原市提供

 相模原にゆかりのある画家の作品などを紹介する、相模原市民ギャラリー(JR相模原駅・セレオ相模原4階)のミニ展示コーナー・アートスポットで5月29日(日)まで、同ギャラリー25周年を記念したポスター展「Look Back-PartⅠ」が開催されている。午前9時から午後5時まで(水曜休館)。観覧無料。

 市民ギャラリーは、「市民が美術活動の成果を発表するとともに美術を鑑賞する場を提供することにより、美術文化の振興と市民が主体的に学習する機会の充実を図る施設」として1997年に開館し、今年の11月で25周年を迎える。今までに絵画や写真、立体など、さまざまな分野の芸術作品を取り上げて、紹介してきた。今回の企画展では、同ギャラリーの25年間の歩みを振り返り、主催した企画展のポスターの一部を2回に分けて公開する。

 詳細・問い合わせは同ギャラリー【電話】042・776・1262。

※新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、展示内容や会期が変更になる場合あり。

開催日

2022年5月29日(日)
まで
※9時から17時まで
※水曜休館

住所

神奈川県相模原市中央区相模原1丁目1−3 セレオ相模原4階

費用

観覧無料

問い合わせ

相模原市民ギャラリー

電話

042-776-1262

042-776-1262

公開日:2022-05-17

関連タグ